冷蔵庫の大きさと食品ロスの多さ

冷蔵庫の大きさと家庭での食品ロスの量の関係について考えたことはありますか?


この記事を読んでいる今、冷蔵庫の一番上の列の一番奥に入っているものが何かパッと思い出せますか?大家族や、3食たくさんの食材を使ってお料理をする家庭、あまり頻繁に買い物に行かない家庭などでは、それなりに大きな冷蔵庫は必要だと思います。しかし、一般的に売っている冷蔵庫は、人数の少ない家族にとっては大きすぎるということはないでしょうか。


冷蔵庫が大きすぎると起きる問題もあります。こんな経験はありませんか?

①買い物に行ったけど、冷蔵庫に何があるか思い出せず、まだ残っているものをまた購入してしまった

②冷蔵庫の奥の方に入ってしまい、あるのに気づかず同じ食材を購入してしまった。

③どんどん冷蔵庫に買ったものを入れ、気づいたら奥のものが腐っていた。

④料理を作ったお鍋や残り物が入ったお皿をそのまま冷蔵庫に入れ、中身が見えないため何だったか忘れて腐らせてしまった。


4つのうちいずれかを経験したことはないですか。


冷蔵庫がその家庭にとって適切なサイズであれば、このうちいくつかの問題は防げるのではないでしょうか。買い物先でも、持って帰っても冷蔵庫に入らない量になりそうであれば、購入するのを躊躇することができ、もしかするとお財布にも良いかもしれません。


冷蔵庫にスペースがあるし、ストックしておきたい!!と思って買っても、賞味期限が来てしまい結局捨ててしまうということが、適切なサイズの冷蔵庫を使うことで防ぐことができます。


新生活のためちょうど新しく冷蔵庫を買おうと思っている方がいたら、このことを考えてみて、自分の家族構成やライフスタイルに合ったサイズの冷蔵庫を選んでみてはいかがでしょうか。


少しでも家庭でロスになる食べ物の量を減らせるかもしれません!


ちなみに、冷蔵庫の卵ラックは使いますか??パックに入れて保管するよりも、買ってきたらラックに並べておくと、残りの卵の数を把握することができて、お買い物に行くときに便利かもしれませんね!


REシクルの「おかず米ぬか」

REシクルは、2018年から本来捨てられるはずの農業副産物を有効活用した商品の開発に取り組み、主な原材料に農業副産物である米ぬかを使った「おかず米ぬか」を開発しました。「おかず米ぬか」は、ご飯、お豆腐、納豆をはじめ色々な食材と合い、さまざまな料理にも活用できる万能調味料です。


多くが廃棄されてしまう米ぬかですが、実は美容と健康の面で様々なメリットがあります。精米時の副産物である米ぬかには、多くの栄養が含まれています。食物繊維や良質な脂質が豊富で、強い抗酸化作用をもつスーパーフードとして知られています。


日々の食卓にはもちろん、お手土産にもいかがでしょうか。