出汁要らず 旬の新玉ねぎと葱坊主のおかず米ぬか天ぷら

天つゆや市販の天ぷら粉いらずで、天ぷらが手軽に食べれるおかず米ぬか天ぷらのレシピを紹介します。新玉ねぎや葱坊主が旬の今、ぜひ作ってみてください!


用意するもの


・新玉ねぎ:小1こ

・葱坊主:30本

・天ぷらの衣

1) 冷水:40-50cc

2) 全卵:1/2こ

3) 小麦粉:大さじ3

・小麦粉:適量

・おかず米ぬか:大さじ3

・ごま油:適量


作り方

  1. 新玉ねぎを薄切りにする。

  2. 葱坊主はさっと洗い、キッチンペーパーなどで水分を拭きとる。

  3. 新玉ねぎと葱坊主に別々に小麦粉を適量まぶす。

  4. 冷水、全卵、小麦粉をさっくりと混ぜ合わせ、天ぷらの衣を作る。

  5. 油を175℃に熱する。

  6. 小麦粉をまぶした新玉ねぎと葱坊主に天ぷらの衣をつける。

  7. 6を油であげる。途中で裏表を返して揚げる。

  8. 揚がったら、網の上に取り出し油を切る。

  9. 器に天紙を敷いて盛り付け、全体におかず米ぬかをふりかける。

ワンポイント

人参の細切りを玉ねぎに加えて野菜のかき揚げにするのもおすすめです!


REシクル

REシクルは、2018年から本来捨てられるはずの農業副産物を有効活用した商品の開発に取り組み、主な原材料に農業副産物である米ぬかを使った「おかず米ぬか」を開発しました。


「おかず米ぬか」は、ご飯、お豆腐、納豆をはじめ色々な食材と合い、さまざまな料理にも活用できる万能調味料です。


多くが廃棄されてしまう米ぬかですが、実は美容と健康の面で様々なメリットがあります。精米時の副産物である米ぬかには、多くの栄養が含まれています。食物繊維や良質な脂質が豊富で、強い抗酸化作用をもつスーパーフードとして知られています。日々の食卓にはもちろん、お手土産にもいかがでしょうか。